健康食品を上手に取ろう

健康食品を上手に取ろう

健康食品の上手な使い方

健康食品は自分の足りない栄養を補えたり、未病を防ぐことができるものです。取り入れることで、医者では治せないものも自然の力で回復できることがあります。薬だとどうしても作用が限定的になるため、いろいろなことが重なってなる複雑な病には効かないこともあるのです。

なんでもかんでも健康食品で取ればいいということではありません。やはり、栄養バランスの取れた食事もきちんととることが大切です。しかし、忙しくていろいろな野菜を取り入れる食事を用意できなかったり、経済的な理由で食材を豊富に使うことができない場合もあります。そして苦手な食品だとあまり摂取しない、もしくは味が分からなくなるまで調理して栄養を損なってしまうこともあります。そんなときには健康食品の力を借りるといいでしょう。

少し前、海外で開発された飲料タイプの完全栄養食品を30日間食べ続けるという実験の記事を読みました。実験の結果、肉体的に問題は起きなかったが精神的に衰弱してしまったそうです。栄養のバランスをとることは生きていく上で非常に重要ですし、手軽にそれが実現できること時間のない現代人にとって素晴らしいことです。しかし同時に食に大切なことは、歯で肉をかんで舌で汁を味わう、唇でそばをすすりほのかなその香りを鼻で楽しむ、といったことはそれに比肩して重要なのかもしれません。願わくは私が死ぬ前に現代化学が食の楽しみも満たした健康食品を味わいたいものです。

Copyright 2017 健康食品を上手に取ろう All Rights Reserved.